加賀棒茶物語

あいさつ

加賀棒茶とは

加賀・金沢で普段のお茶といえば番茶(ほうじ茶)。
それはとくに茎を焙じあげた棒茶を意味しています。
茎の芯まで火を通すにはかなりの火力が必要となるため、表面が黒く焦げ、その焦げ香によって画一的な味になってしまうのが、一般的なほうじ茶でした。

弊社の「加賀棒茶」は、新茶である一番茶の茎の旨味を損なうことのないように、浅く焙じたもの。
そのおいしさは、芳ばしい香りと、すっきりとした飲みやすさにあります。

江戸時代の初期に生まれた加賀茶は、歴史と文化の中で育まれ、今日「加賀棒茶」として生き続けています。

bg_kagaboucha1

献上加賀棒茶の誕生

献上加賀棒茶1

丸八の創業は文久3年(1863)、加賀藩前田家の製茶奨励政策による打越茶園の歴史とともに歩んできました。
今日の丸八の特徴は、昭和58年(1983)石川県での全国植樹祭の折、昭和天皇に献上させていただいた「献上加賀棒茶」に集約されています。

昭和天皇がご宿泊されるホテルから、最高のほうじ茶を納入してほしいとの依頼を受け、途方にくれながらも、納得のいく茎をさがしもとめて東奔西走し、たどり着いたのが鹿児島の一番摘みの良質な茎。そして芳ばしさと力強い味が一番良い状態で出せるように炒りあげる新しい方法の開発、最高の条件で味わっていただくための淹れかたの研究など、言うなればほうじ茶の出発点に戻る探求の末、献上加賀棒茶が誕生したのです。

丸八製茶場の品質方針

丸八のテーマは、日本茶ルネッサンス。
安全性とごまかしのなさ、そしておいしさ。この基本姿勢を軸に、全国の各産地の生産者といっしょに、研究をすすめています。

良い食品づくりの会

磯部晶策先生が主宰された「良い食品を作る会」を前身とする「良い食品づくりの会」。 この会で私たちは、生産者としての責任と使命を根本から学び、実践しています。
献上加賀棒茶をはじめとする弊社の商品は、この会の四条件、四原則に基づいて作られております。

良い食品の四条件
  • なにより安全(添加物や食品衛生の点で安心)
  • 美味しい(形状・色沢・香味・食感のすべてが本物)
  • 適正な価格(品質にてらして安い値段)
  • ごまかしがない(不当・誇張表示、過剰包装がない)
良い食品を作るための四原則
  • 良い原料
  • 清潔な工場
  • 優秀な技術
  • 経営者の良心
01_02_03

三郷会

三郷会は、茶葉の主な仕入れ先である鹿児島県・静岡県、そして本県(石川県)の三つの郷からなる「志を同じくする茶づくり共同研究体」です。
各産地の契約茶園の生産者とともに日本茶を土から考え、テイストを探究するために、毎年、議論の場を設けています。

01_02_04

これからの加賀棒茶

創業以来、丸八製茶場は、加賀茶とともに150年を迎えました。
江戸から明治・大正・昭和・平成へと時代の変化とともに培われてきた風土は、安全でごまかしのない、おいしい日本茶の追求という理念を生みました。
これを礎として、次なる50年、日本の豊かな食文化を継承するために、日本茶の価値を見直し伝えていくことを使命としてまいります。

創業150周年 Kikkaプロジェクト

平成25年(2013)10月、150年という節目を記念し、取り組んだ社内事業です。
目標は社員の成長、深化。
長い歴史を刻むことができた、これまでの感謝を忘れることなく、さらなる成長を続けていきたいと思います。