2015年5月

「一番摘み煎茶 駿河 内匠」が新茶になりました

駿河内匠新茶イメージ

しっかり縒られて形ののこる茶葉。
駿河内匠は昔ながらの「茶」の味わい、力強い風味が特長のお茶です。

低めの湯温でじっくりといれていただきたいお茶。
深い渋みと旨味をお楽しみください。

一番摘み煎茶 駿河 内匠

「一番摘み煎茶 大隅 三体堂」が新茶になりました

大隅三体堂新茶イメージ

鹿児島育ちの大隅三体堂は、クセがなくまっすぐ、大らかでやさしい味。
ほどよい火香で青さをおさえ、甘味を際立たせました。
コクのある甘さのお菓子とよく合います。

ゆったりと過ごす午後のお茶に…ぜひおためしください。

一番摘み煎茶 大隅 三体堂

「一番摘み煎茶 土佐 東津野」「加賀いろはシリーズ 松テトラ」が新茶になりました

土佐東津野 新茶イメージ

高知県四万十川流域、昼夜の気温差と石灰質の土壌がもたらす香気にすぐれた煎茶、土佐 東津野。
今年は爽やかな渋味とさっぱりとした飲み口の、飲みやすいお茶に仕上がりました。

おもてなしに、気軽なティータイムに、ぜひどうぞ。

一番摘み煎茶 土佐 東津野
加賀いろはシリーズ 松テトラ

一番摘み煎茶 土佐 東津野、加賀いろはシリーズ松テトラ完売のお知らせ

ご好評いただいております「一番摘み煎茶 土佐 東津野」「加賀いろはシリーズ 松テトラ」2014年度産は完売いたしました。
まもなく今年のお茶が届きます!

渋味・旨味と香りのバランスが良く、皆様に親しんでいただきやすい「土佐 東津野」、
今年も仕上がりが楽しみです。
2015年度産の新茶は5月下旬頃より販売の予定です。

季節限定「平成二十七年 八十八夜摘み新茶」産地情報

八十八夜摘み新茶茶園

今年の八十八夜摘み新茶は、鹿児島県霧島市のお茶に決まりました。

霧島市は大隅半島と薩摩半島の付け根あたりに位置します。
霧島山南麓の裾野、海抜400m前後の山あいは冷涼で霧が発生しやすく、古くから銘茶産地として知られています。(近くには霧島高原、霧島温泉があり、坂本龍馬・お龍夫妻が日本最初の新婚旅行で訪れた地としても有名です)

生産者の福満淳一さんは、「いつ誰が飲んでも“おいしい”お茶」をめざし、茶畑の気持ちになって、今何が必要かを考えながら、お茶づくりに励んでいらっしゃいます。
天候不順に悩まされた今年の新茶ですが、その困難をのりこえ摘み採られた茶葉は、丁寧に仕上げられ、独特な香気と爽やかさが感じられる「八十八夜摘み新茶」になりました。

大切な方への季節のご挨拶に、またご家族で初夏を味わう団らんに、いかがでしょうか。

八十八夜摘み新茶茶葉、水色

◎ご予約の受付は終了いたしましたが、
直営店(茶房実生金沢百番街店茶房一笑syn)にて5月10日(日)~店頭販売をいたします。

※数には限りがございます。無くなりしだい販売終了となりますのでご了承くださいませ。

季節限定「平成二十七年 八十八夜摘み新茶」受付終了

本年の八十八夜摘み新茶の予約受付は終了させていただきました。
ありがとうございました。

Category

Archives

  • オンラインショップ
  • kutani seal